引っ越しをスムーズに行うために

引っ越しをスムーズに行うことについて説明したいと思います。サービスが充実している引っ越し業者の紹介があります。引っ越しが決まったら、まず引っ越し日を決めて業者に依頼します。引っ越しまでの時間が少ない場合はしょうがありませんが、できるだけ何社にも見積もりを出してもらうことが良いでしょう。業者によって、同じ条件(作業員の人数や時間など)であっても価格に差があります。費用もばかになりませんから、できるだけお得にすませるためにも何社か比較してみることが費用を抑えるコツです。それから、作業内容ですが、自分たちで梱包・荷ほどきをして運搬だけ業者にお願いする場合や、梱包の時点からすべて業者にお願いする場合などによって、価格は大きく変わってきます。自分達の負担と費用をよく考えて作業内容を依頼します。自分達で梱包等する場合、業者から段ボールを借りれることもありますし、自分達で集めてこなければいけない場合もあるので、余裕を持って作業を開始することが大切です。荷ほどきする時に片付けやすいように梱包すると、片付けする時の時間短縮になります。先の作業まで頭に入れて準備すると、後々楽になります。引っ越しをするにあたって、いくつかしなければいけない手続きがあります。こちらも、慌てないためにもしなければいけないことをしっかりと把握して、計画的に進めていきます。まずは、転出届と転入届を、それぞれの市役所等で手続きをします。子供がいる場合、さらにしなければいけない手続きがある場合があります。何回も足を運ばなくてよいように、予め役所の方に必要なことを聞いておくと時間の無駄にならずに済みます。それから、郵便物の転送届けを郵便局で行います。ネット上でもできます。これをしておくと、旧住所に届いた郵便物を、届けを出した日から一年間は新住所の方へ届けてくれます。その一年の間に、新住所へと住所変更を行います。ご近所への挨拶も大切です。退去の挨拶、また新住所のご近所への挨拶を行います。現代は近所付き合いも少なくなり、また防犯を考えて特に1人暮らしの場合はあえて挨拶周りをしない場合もありますが、家族で引っ越す場合などは、今後の地域の活動等などもありますので、初めに挨拶をしておいた方が望ましいです。引っ越し後、ごみ等もたくさん出ますが、自治体によってごみの分別方法や出し方が違いますので、役所等で確認をして間違えずに行うことも大切です。一連の作業に関してスムーズに行うためには、事前の下調べと計画が大切です。

MENU

引っ越しをスムーズに行うために
スピーディーに引っ越しを済ます方法